読書記録

読んだ本の感想まとめ。

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン

唯一この本に不満があるとするなら、もっと早く出版してほしかったということ。義務教育を終えたあたりで自分の認知特性について把握しておきたかった。遅くても初めての就活前に把握しておかないと、生きづらさで喘ぐことになる。

冒頭にある認知特性テストをしてみたら、圧倒的に言語優位(言語抽象)と聴覚優位(聴覚言語)タイプだった。共通するのは言語。やはりな。
逆に視覚優位(三次元映像)と聴覚優位(聴覚&音)の数値は一桁。14以下は「弱い」らしいので、私は相当アレだということか。確かに空間を立体で認知してないから超絶方向音痴だし、歌を聴いて一回でメロディーを口ずさむとか無理of無理だわ。

前に視覚優位と聴覚優位でざっくり考えたことがあるけど、認知特性は全6パターンあるのに無理やり2パターンで考えてたから、「同じ視覚優位なのに特性にかなり幅がある?!」って違和感があったのか。
「周りに物が多すぎるとストレス」って仰っていた視覚優位の人はまさに視覚優位者の写真タイプだったのだろう。そりゃあ私と特性が一致するわけないわ。

自分の運動神経のなさは、身体感覚劣位から来るものでは。
そしてマルチタスクが下手くそなのは、ステータスを言語優位に全振りしているからでは……(情報を一瞬で理解するタイプと順番に把握するタイプがいて、言語優位者は順番に把握する方が向いている)。

こどもの認知特性に合った教育を選べていないとしたら、本人にとって勉強は苦痛なものでしかありません。

小中高と相対的に成績上位だったのは、日本の学校教育が教科書やノートの使用をメインとした言語で認知する教育法だったからかもしれない。もし聴覚優位だったら万年落ちこぼれだったと思う。

Twitterは最大140文字の言語コミュニケーションだから、認知特性としては言語優位に大分偏ってそう。新年度、国語の教科書を一気読みするのが楽しみだったのは多分言語優位者。
視覚優位者はInstagram向き、聴覚優位者は……パッと思いつかないな。

周囲の人の認知特性も知ることができたら、職場での人間関係もうまくいくでしょうし、夫婦仲も円満でしょう。

これは本当にその通りだと思う。全人類が自分の認知特性を自覚して、周囲と共有する時代が早く来てほしい。そうしたら、しなくてもいい諍いが起こらなくなりそう。プロフィール欄に何故か鎮座している血液型にどいてもらって、空いた席に認知特性を入れるくらい当たり前になってほしい。

学校のテストの点がいい=頭がいいではなく、テストの点がいい=言語優位者の可能性が高い、程度のことでしかない。
子どもの認知特性を見極められる教師なんて今いるのかな。仮に見極められたとして、それぞれの特性に適した授業を実施できるわけじゃない。教師の体は分裂しない。

言語優位者は、聴覚優位者のスピードについていけずに上手に話ができない時は、手紙やメールのような継次的で形に残る手段を取った方が有効。

私がInstagramではなくTwitterに入り浸っているのは、コミュニケーションの方向性としては間違っていないんだと思う。
私が生きているうちに、出勤とリモート選択制が当たり前の社会になってほしい。十中八九、オフィスで仕事するより在宅で仕事して文字でコミュニケーション取った方がパフォーマンス高いんだって。

あきらめたから、生きられた―太平洋37日間漂流船長はなぜ生還できたのか

彼の全行動、全持ち物、思考、何かがひとつ欠けていただけで、生きては帰れなかったと思う。
脱水症状が極限状態に陥って自分の尿を飲んだエピソードが、あらゆる意味で一番強烈。

「頑張らなかったから、生きられた」これは漂流だけじゃなく人生そのものにも言えることだと思う。適度に力を抜ける人間が長生きする。力の抜き方なんて周囲の大人は誰も教えてくれないので、この本含めあらゆる情報やコンテンツをインプットして、自分なりのエンジンを作り出さなければならないのだ……。

「怒らない体」のつくり方――自律神経を整えるイライラ解消プログラム

怒りという感情をビジネスの現場ではなく、医学的な側面から言及した良書。怒り発露させるという行為が、いかに百害あって一利なしの行動なのかよく分かった。
自分はこれまでの人生、それほど短気ではないつもりだったけど、後悔や緊張も広義の怒りに含まれるのだとしたら、私の自律神経は日がな一日乱れているのでは?(何しろうつ病患者だからね! 後悔するのと緊張するのが仕事みたいなもん)

目次の前にある自己診断は 交感神経が高く、副交感神経が極度に低い という結果が出た。「病気になりやすい状態。この状態が続くと、体のあちこちに不具合が生じる」とのこと。申し開きできねえ。

第3章を読み終えて、怒りはもはや自傷行為なのだと感じた。ひょっとしてマッマが短命だったのは、まったく価値観が合わず言い争いが絶えない夫や、出来損ないの娘(私)にいつもイライラして自律神経が乱れがちだったから……? やっぱりマッマの病死の半分は私のせいじゃん(鬱)(不定期に起こる自己否定)
短気な人は老化が速い。ということは、逆に考えれば、毎日キレ散らかしている人は早逝を望む人ということか?

発症以降、狭義の怒り(他者に対してイライラする)ことは滅多になくなった私。怒りにエネルギーを回せるほど余裕のあるカロリー摂取をしてないのが理由だと思ってたけど(これはこれでかなり問題)、4~5章で挙げられている習慣やコントロール法は、知らないうちにちらほら実践できていた。

  • 丁寧な動作を心掛ける(元々とろい人間で、素早く動くことが苦手)
  • 暴飲暴食をしない(基本的に人の6~7割程度しか食べられない)
  • 飲酒をしすぎない(そもそも服薬の関係上、アルコール摂取を禁じられている)
  • 怒りを口に出さない(文章化することはあっても、声に出すことは滅多にない)
  • 待ち合わせや出社時間などは、10分の余裕を持つ
  • 苦手な人に付き合わない、もしくは必要最低限の接触に留める(親兄弟が苦手なので、必要に迫られた時以外連絡しない)

怒りが生じてしまった後の対処法はごくありきたりなものが多かったけど、自分の感情を押さえつけるより、そもそもその感情が生まれる状態にしない方が効果的だよね。嗅覚で気持ちを落ち着かせる方法はあまり注力したことがなかったので、いい香りのするハンドクリームでも買おうかと思う。

でも「怒りをコントロールできれば、ほかの健康法はいらない」は過言でしょう。どんなに穏やかな人間でも、睡眠を日に4時間しか取っていなかったり、朝食抜きで活動したりすればいつか倒れると思う。